記事一覧

東京都の秘境・小笠原へ!②旅行に持っていってよかったもの

さて、小笠原というと、 やはり海! というイメージですよね。


だから、旅行に持っていくものも、
ビーチサンダルとか、水着とか、
海を意識したものはすぐに浮かぶ。

でも、今回は「泳がない小笠原旅行」だったので、
ビーチリゾートを満喫、というよりは
(船上でのホエールウォッチング以外は)けっこう山歩きが多かったんです。P2250782.jpg
かつての太平洋戦争の跡をめぐったり、


P2270877.jpg
南島という、父島から少し船に乗って上陸する小さな島は、
海岸ももちろんありますが、足場の悪い道を登っていって
高いところから眺めたり。

P2270886.jpg


山といっても高さはさぼどでもないですが、
父島・母島での散策を含めても、
やっぱり山歩きできる靴を履いていったのは正解でした☆


あとは、私は持っていかなかったんですが、
軍手があると
なお快適に山歩きが出来たかなぁ~と思います。

まさにロッククライミングのごとく、ゴツゴツした岩を素手でつかみながら
体を支えて登ることも多かったので、
けっこう手が痛かったんですヽ(`ω´*)ノ彡☆


そして、持ち物準備をする時に考えるのは、
真冬の東京(本土の)とは違う、温暖な気候。

何せ年がら年中海開きしているくらいですから、
服装は、Tシャツにカーディガン、羽織ってもパーカとか、
全体的に軽めのイメージ。


確かにそうなんですが、船の上にいる時は、ものすごい風を受けたり、
クルーザーでは水しぶきもあるので、
寒いし、冷たい


だから、保温も防水効果もある素材のウィンドブレーカー&ボトム
を持って行って、
必要な時は着て、暑くなったらぬぐ、のがいいと思います。

ちなみに私はColombiaのものを愛用。





あとは、直接的すぎる日差しへの対策。
帽子や日焼け止めはもちろんですが、
サングラスがないと
まぶしすぎて目を開けず、ホエールウォッチングの時に
海から潮を吹く鯨の気配を探せません。。



そして日が落ちると、今度は逆に島全体が真っ暗。

夜に宿の近くの飲み屋さんに行くくらいなら大丈夫ですが、

海辺を歩いたり、
小笠原にいる固有種の動物に興味があり、夜行性動物の生態を観察したい、

なんて人には、頭につけられるライトを着けて
足元・前方を照らしながら歩くことをおすすめシマス。
写真3


私も、これがなかったら、足元のカエルくんをふんじゃうところでした・・・




以下、こぼれ話。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

小笠原って、太平洋の離れ小島でも、東京都なんですよね~


走っている車が「品川ナンバー」なのは有名な話かもしれませんが、
私が実際に行って感じたのは、
狭い範囲にも、しっかり遊具が管理されていそうな児童遊園やちょっとした公園がけっこうあって、
それが東京っぽい。

P2281342.jpg

でも、生えている木は、やっぱり亜熱帯な小笠原・・・(´∀`σ)σ



次回は、③小笠原グルメってどうよ? について書きます♪♪


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
▼こちらのブログも更新中!!▼
【楽しく無理なく続けるおうちごはん習慣と健康自炊のヒント】
あなただけの極上おうちレストラン、野菜ソムリエがサポートします






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京おうちごはん倶楽部ひとり部長

Author:東京おうちごはん倶楽部ひとり部長
東京生まれ東京育ち、東京をこよなく愛する生粋都民。
現在、自分と同じく東京生まれ東京育ちの夫と都内でふたり暮らし。

仕事と習い事に明け暮れて結婚もせず30代半ばを過ぎてからやっと
ゼロから始めた料理。
台所という、ひとり自由な楽しさとすぐ結果が出る面白さに目覚め、
なんのツテもないのに会社員を辞め野菜ソムリエ・料理講師に転身。


現在は東京の台所・築地で料理教室を主宰、「ふつうの料理をごちそうに」を軸に、
忙しい人・ひとり暮らしの人が疲れて帰宅しても料理を作ろうと思える、
【必要なことしかやらないのに感動的においしい】超合理的・健康的な
自炊のしくみづくりを教えています。
http://ameblo.jp/passion2002

このブログでは、長年つつましく東京に暮らす生粋都民主婦ならではのアンテナを駆使した、雑誌やTVとは違う視点の東京情報を書いていきます。
夫のいない・レッスンのない平日に食べるひとりごはんも密かな楽しみ。

東京にある全国アンテナショップでご当地ラーメンを買い、
冷凍庫にある材料でおうち麺を作るのが毎週の恒例です☆
自炊に革命が起きる「食材の冷凍術」についても料理教室で皆様に伝授しています。

検索フォーム

最新コメント